« iPhoneでココログ更新!! ココログエディタ使ってみた。 | トップページ | iPhoneでMacを遠隔操作!! TeamViewer 3G回線でもOK!! »

iPhoneアプリのバックアップとバージョンダウンの方法

先日googleアプリをバージョンアップしたら日本語検索が出来なくなって(現在のバージョン0.4.6では対応してるみたいです。)慌てて前のバージョンに戻したのですが、いざというときに元に戻せるようにバックアップは必要です。そこでiPhoneアプリのバックアップとバージョンダウンの方法をちょっと書いておきます。

まず、iPhoneアプリのバックアップですが、起動ディスク/ユーザ/ユーザ名/ミュージック/iTunes/Mobile Applicationsフォルダの中にあるのでバックアップすればOK。とりあえずMobile Applicationsフォルダまるごとバックアップでもいいかも。

で、iPhoneアプリのバージョンダウンですが、まずiPhone上で問題のあるアプリを削除します。つぎにiTunes上のアプリケーションでアプリを探し、右クリックでfinderで表示(Windowsはフォルダを表示かな?未確認)するとMobile Applicationsフォルダが開いてアプリが選択状態になるのでそのままゴミ箱へ。

念のためiTunesを再起動し、バックアップしておいたアプリをiTunes上のアプリケーションにドラッグアンドドロップします。

あとはiPhoneと同期すれば、バージョンダウンしたアプリがインストールされます。ただ有料アプリの場合はどうなるのか未確認です。あくまでも自己責任でお願いします。

バージョンアップ後の不具合って結構あるんだけど、これってバージョンアップ前にアプリのバージョンアップ情報やレビューを調べるように気を付けるしか無いのかな。

ちなみにバージョンアップ情報はアップデート画面からアプリのアイコンをクリックするとアプリのページが開くのでバージョン○○○の新機能というところをチェック。必要な機能がなければ見送るのもありだと思う。

http://www.monoportal.com/

|

« iPhoneでココログ更新!! ココログエディタ使ってみた。 | トップページ | iPhoneでMacを遠隔操作!! TeamViewer 3G回線でもOK!! »

iPhone&iPod」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: iPhoneアプリのバックアップとバージョンダウンの方法:

« iPhoneでココログ更新!! ココログエディタ使ってみた。 | トップページ | iPhoneでMacを遠隔操作!! TeamViewer 3G回線でもOK!! »